野山で静かに過ごしたい

野山で静かに過ごしたい

日帰り登山、アウトドア、国内・海外旅行、移住先選定。都心6区に住みつつも、喧騒を離れたシンプルライフを満喫しています。

無料ブログ アフィリエイトの収益推移

最近はブログの更新がめっきり言っていますが、数ヶ月前に頑張って記事を書いていた分、継続的にアフィリエイト収入が発生しています。

とは言うものの、さすがにこの規模のブログで2ヶ月記事を書かないと、だんだんと成果にも陰りが見えてきたため、このタイミングで一度、アフィリエイト収入・PV・累計記事数の推移をまとめてみました。

サイトの運営方針

私のサイト運営傾向は以下の通り。かなり省力化です。

  • 好きなときに、好きな記事を書く
  • SEOで意識しているのは、1記事2,000字以上書くこと、見出しを設置することくらい

アウトドアや旅行系のブログなら、山開き・紅葉・花の開花時期など、人が集まるイベントや事柄について記事を書くのがセオリーです。しかし、このブログは、人の少ない山や自然の中で静かに過ごすことが目的なので、そういったテーマからは一切距離を置いています。

記事の執筆頻度も少なく、お世辞にも効果的な運用とは言えませんが、それでも下の結果です。皆さんも、同等の期間さえ費やせば実現可能と思います。

アフィリエイト収入・PV・累計記事数の推移

確定報酬のデータですが、実数ではなく、桁数は端折っています。運営報告の記事で参照しているデータと、基本的に同じデータを使っていますが、四捨五入の方法などで、わずかな差異はあるかもしれません。

 

ここ数ヶ月は、月額5,000円以上稼いでいます。記事にも還元しようと、かねてから欲しいと思っていたエアマットを購入した。ありがとうございます!

無料ブログおすすめのASP

中心で利用しているアフィリエイトASPは、GoogleアドセンスAmazonアソシエイトのみです。Googleアドセンスは、一度設置してしまえばそのままですし、Amazonアソシエイトは、はてなブログの編集サイドバーでの使い勝手がとても良いからです。

編集サイドバーを利用して記事を書く - はてなブログ ヘルプ

ただ、最近Yahoo!ショッピングに関して、たまに成果が発生します。サイト内でほとんどリンクを設置していないにもかかわらず、です。

数年前までは、Yahoo!ショッピングは後発のショッピングモールというイメージでしたが、ここ最近は品揃えも他のショッピングサイトに引けを取りません。TポイントやPayPay、Yahoo!カードとの組み合わせで、他のショッピングモール以上の割引・ポイント効果があるためか、かなりコンバージョン率が上がってきている実感です。

あと、上記のように、莫大なPVを稼ぐことに情熱を持てないなら、GoogleアドセンスAmazonアソシエイトよりも、A8.netなどのASPをメインで使って、高単価商材でうまく稼いだ方が賢いですね。

労働対価と考えるとベストではない

月に5,000円前後のAmazonアソシエイトクーポンがもらえるのは、趣味のために自由に使えるお金としては嬉しい限りですが、労働対価としては決して良いとは言えません。

ブログ運営の主目的を金銭獲得と置くなら、大手メディアのライターにでもなった方が効率は良いです。

ブログ運営を継続して感じること

SEOでは、最近は記事をかいてから検索家か上位にランクインするのが、かなり早くなりました。記事を書いてしばらく放置しておき、久しぶりにSearch Consoleを覗いてみると、意外にも上位に位置していたりなど。

もっとも、独自ドメインサイトとガチンコで競おうとする場合は、同じターゲットキーワード・ほとんど同じ記事内容・字数も同等となれば、分が悪いことは確かです。ただ、実際登山を続け、ブログを継続的に書いてみてわかりましたが、ニッチキーワードはまだまだ残っていますね。レッドオーシャンで戦わなくても、そこそこ楽しく記事を書けます。

そして、やはりコンテンツが命なので、メインテーマの知識を増やし、技術を磨いていくことが、よく人に見られ役に立つサイトを作り上げるコツだと自分に言い聞かせています。サイト運営やSEOなど、技巧を凝らすのもほどほどに。

最後に

趣味としての登山とともに、このブログは10年スパンで、細く長く運用するつもりでいるので、また発見があればまとめます。

無印良品津南キャンプ場の、静かなおすすめ穴場サイト

先日の苗場山登山は、前後に一白ずつしたのですが、そのうちの1日で、無印良品津南キャンプ場に泊まってきました。

津南キャンプ場 | 無印良品キャンプ場

無印良品は全部で3つのキャンプ場を運営しています。

南乗鞍キャンプ場 | 無印良品キャンプ場

カンパーニャ嬬恋キャンプ場 | 無印良品キャンプ場

津南キャンプ場の所在地は新潟県になるので、関東から向かうと最も遠く、それなりに時間が掛かります。しかし、今回は苗場山との組み合わせで、思い切って行ってみました。

さらに、「野山で静かに過ごしたい」自分にとっては最適なサイトも見つけたので、ご紹介します。万人向けではありませんが、静かに自然を楽しみたい人にはおすすめです。

無印良品キャンプ場の特徴

1つのサイトが広い

https://lh3.googleusercontent.com/fe4UwMkp66LNcYLatNFX0WxxzXgAlRmTCE_LujIXyU6H7a4SpPTJL9iVNVNMgkShSRjKHGKxHaTDIWGQM81TCTVAlRj_TPgn1HnzIXWZpooXUNAq0V_-Lw0bmO4sCNUC_aVHetPw1UWHZzK89O6hP_TuksanLo1aJYZHXy9LhOSXs24S--WgT_mBP04liFDCDcgRNBs908Jcux54eDiBjs3JRtmMeX9EspxUho2JdpAHvzrqNGljImrSIGge-EQKdk3rclJnVqtz5YRMB3qrUwGOIHzZBRLNPFsS4EaW4mHZ48eTSuaDgmT7b8V0HHfxRdrjYG8iCuNGhr5x1AvrgamRDHSO0DrPexZYHpsX8l_3lJa_vyswoAof8-2PM4lHS3HL-xgtIOAAou2d46ma_jTfpjQeuAutXQ4CgWfwjO4CMrGx5jVepyC6rx41WPuC7g8k_5xicSRs-D3W08LRKdJTBAKHYAoJjUh6JWZR-hYjX0UmJSKASIJVDv7dgt6hPIwD_6HqCciGRmdk1wSlLyq1pCkOnG9X3IY-ewkHp4Spiql7G7xqZkrY21selP2YejKLJuPsjrIVPuRV7O2qbqw51isIB4TuGxHmjB4fSW42ou1ftVqfWZUxkyhp-aquqw25JwL5ZsG0vY9rlJv6CgjYnDFIW2uQ5H_zupsFK6fKAWdo9enCFX10kzi68FVPe-Gwud4k7i0_HbzLXUxJ1tt0QL4AX7TBr5Wqz5BbbIuODyyP=w1080-h810-no

無印良品キャンプ場の特徴は、なんといっても1つのサイトが広いことです。サイトごとに形がだいぶ違うので一概には言えませんが、一般的なサイト区画が10x10m前後のところ、無印商品キャンプ場は少なくとも15x15m程度はあるのではないかという実感値です。

隣が気になりづらい

https://lh3.googleusercontent.com/RsFcLnOiiCl_doOxKgw7hdr3Q2-6IBcH9H1c0Lt9EFe8hABawoLFjJnV5926EqWF5fiub91YJAcXtA4sFOdxXGi1TEpFn_YSl32dF9OHHPm9licQilvfstANpvmq3Um84TKsrfLyeiW2QyoW3rJetLnu22oRNqS3wltOV7rpgnVWTIKTO_Jmm8ig_bRsYeZPeQ7y3LLU5Z28nIXFfYSirrg-gNUO2_yeCsjUpZkpOmqCCKbqp-MIglEW4fw5m-zAgp06ib3mQaAlJA4Va5tn-pcYDHnJcrvUCKd8fLNIv9jVYjyQJZ9bkBqhMDi8xyAhwwjMwEvKpcFuwNWE4l_taAxbVivFxEPeJtWYy7oM4uzotH2LdH23kr5_GeCExT9MyQCLfpFvmqWwiVQwJh3p4LCnqGTfdXwslz9OS5-bfI6bYwZHBBiprnSnRhwLsuOjKCH5WID_00VaVOD4fYUVSzMMf3X0DqUWwdwKR0XnBLaOA8nPM6Y8KachX2B473qH9UauCCIMg9WTbFaD-BrTLyertLrP86wTf4Lp6yH2X0t4aM-ZcAMt-7eiMfXJjXRRV2Dbp9hA1xqonMAqRuI5KTDvGBnLrtqmfyxvpuEd4WJbcwkA7enWyNaxZb-vpTZU0LLFcg6h_Wr_dHHY5Bhctr8npi6jVzqW2q0CzGwhFFwItp0e2R37XpSEyrnycE6wG2MNdcssqrlaUXOB0mvZoWA68_OLJ-uXzXQDq68YQIwzcv1h=w1080-h810-no

1つのサイトが広いことに加えて、サイト同士の間に樹木が植えられているなど、隣が気になりづらい工夫が凝らされています。このことも、サイトを広く感じる一因だと思います。

サイトを指定できる

予約システムからのキャンプ場の予約の際、特定のサイトを予約できます。キャンプ場は、どのサイトになるかによって全く満足感が変わるので、サイトを指定できるかどうかは重要。

予約サイトでキャンプ場と予約月を選択して進むと、それぞれのサイトをマップで確認できます。

レンタル品もあり、手ぶらOK(食材は必要)

https://lh3.googleusercontent.com/2MH6kAvfcRUrIj5-NljPMeDouGQ6Hs9Pln2OMhQsvahdm2sJek5KWEw9_T9bNxgw8Wg48RoRBAk0HPRqyL017RDRh-dWnFUV9exeRI8kg302mBYs0ujvvCONjN00-06arsWnrVP6Q9kMffSS0ilz-bXdeLKymyHowf02k01rPFYHYJPxcb41TeeBViAhB1KQlXDVmJ1Ngb-qsI0mpu3D3XYy7KfrVw0ZQ2kSHsRatpWCDiBRIOL3nrLLWJs9_WoIR-bGkmRNYkbirGFxtztu4yNPf1e3NVIxsgEF5iskETHRFbZ9oSxEKHsot2OXf72WF9YS-C-KKvga_CKHX8B6kEm1AfVQzdey47FVwWdKsuBid0Q_jcWKvXlzi9qpO0-MNZGs7c4F2yIakRlxUNBa28_kM4L2OGGLapJrWpvmh5X4TFjUwgg3vmQe5s1JGQULmTc2EBLzuUF4sjBp_FkyW6I3WvnA2binnb5FlUJLoLdsamcHMhdJR4UB8y9y5-rCgWh6Lyxvg2Rlx55KDKw5HGG7SyoNHZesX2NZTqJ8aDs6s8Qe93Jz7eeWRxSuSzz1L0Foz9yfnwJwiGkfAY9mG_S89UpuJepqj-P6sSaaqMJ3p6zVYaTPt2zudFguuX3MXsH25dQnyZI9El3d5CZ9Z_ThNbafImHbFRFjlX5yaZT4M7y8x9SiUkNxM6Uc4dLhB7tKp-k2y8o2fDhWUn5O8nJJURMrfWIcTIXvgj8pOdqQRTeq=w1080-h810-no

自前のマット以外のキャンプ道具は全てレンタルしましたが、綺麗で快適でした。テントはOgawaのPista5、シュラフモンベル(タイプは不明)。ただし、食材は自分で用意する必要があります。

簡単なお菓子や飲料なら、管理棟で無印良品の商品を一部販売しています。

静寂のおすすめ穴場サイト: B17

予約時には、各サイトの大まかな特徴もわかります。その中で、「静か」と書かれているサイトを発見。サイト番号は、B17です。地図上でも袋小路で独立した場所にあるので、迷わず予約しました。

当日チェックインの時、受付の人から「このサイトは、来年はもう潰そうかと思っているくらいのサイトなんですよ」と言われました。

その理由は

  • 他のサイトから離れていて、寂しい
  • サニタリー棟が遠くて不便
  • 雨が降るとぬかるみができ、4WDでないと出られなくなるかも

と言うことでした。当日はそれほど混雑していなかったこともあるのか「もし実際に見て変更が必要なら教えてください」と言ってくださいました。それほど苦情の多いサイトなのかもしれません。

しかし、とにかく静かに過ごしたい私にとっては、ぴったりでした。

三方を木に囲まれている

三方向が木に囲まれていています。どちらかというと、隠れ家感が強いです。サニタリー等に近いエリアに比べると、開放感を求める人には物足りないのかもしれません。

 

でも、サイトから見ると十分に空や山が見えます。

メイン道路からの音が聞こえない

B17サイトの特徴として、車が通れるメイン道路の音が一切聞こえないのは、とても気に入りました。

その日は、すぐそばのB16・B15サイトに宿泊者がいなかったので、試しにしばらく様子を見てみました。

 

https://lh3.googleusercontent.com/itkfmQUeNj5kEJ6Jdk2Vuzpm4XznxGZ_DFiO3TS1JlCtEvdKzUf2lwKlpZKU7WlfM4N4Li5qMIQqMn7HDj9sh7Jbs8JS6adCF8gZmZBxaPJr5XOVoFCjokl7JyLbUDYGPFtHjcMDB94fgHdO1jhUtboXD5QwtWzSFh0hrP1ZMwPqxlZcHFqMkDoLUSN4s-wTrSQdZ1-j3SJYz94wBhF0k9bJPSh-oI2heRatZJXhpmcaJv6kC9YN-VfXx1dC52jJDKFWYMGzWfMT4B9S1Ct9M7mOeMV0rkXfhfZm7jSzGWhuxG37yTxt9pg3Td0259CFHyDv0RUpGAej5c7pgFyZG27hlI-yw9mW7JwO__2zzv__pLRqFFLb2j16u-FJGSEiaE3749SJ_xVTrUFNLRnzNy7x-D3hJ_ksV9u1cpLI5pYEMFvztwvqRLASlfF1_xvSGeiKl2zkNdELknQmi1-M2R-yDf3jIYGI-pILGpWEsaXdYA5ILDLtRgENIJze0Rex-l7P7OGTGuUtmEiXabojlbVIP_5yabFAWchqU9UnizyngLDaAFzGc-vwS49_D_CrkLJ0hJLRNaj1mcp0k6eWzrO_c_YHEydy--wFx_6XptJtcCgeugUCGHTWjTaTR_L00VP0AS3qWmqG0g2MD0KkJ-mGmXigkGMfm_u3OTLm-wgt37vdFnBg3GWkoxWmpJHQaGbVALHq0kw34NDEtfdG6cVHo8pdWWbOwQe2wevZZXKNDzmW=w1080-h467-no

しかし、それらのサイトでは、メイン道路を通る人や車の声が聞こえました。やはり、究極の静寂は、B17サイトでなければ手に入りません。

他サイトの人が通らない

マップで見る通り袋小路なので、このサイトに用がある人か迷子以外は立ち入りません。夜中にトイレに行く人に起こされることもなし。

B15サイト左側の道を進み、

https://lh3.googleusercontent.com/c6AA-A3sxpARjrKRkaUR9qg8yj3giw0ScvDG18OMqLoyA9JK1B8fqTUXzXNBlFtvAe1QNwxFv3D7Mhh9u3qKHXa0CUzsVayCRiCyK7yaoVdjiugfZn2rFipZmE3kyuni4yyEaCryPnbgRJu1DCnjCYBzpKoHv2DUZ9UJ-4kIEv4Lor7gCa8z4x81utrS2QHhPiwzhz8vv7GBIo2jFDSKzB_Qc-534IviFF1PhVT7VQMUXCnyrmZNOhG71MWufZVO4feZMRcyNeZCoYJSW_U3DdVc3kLM1U8CXzc4Cc2vdtgzrkM2n602S6r4Es-_apRBln9sCgGM7L3NiPpNnVpmCI26zndjyDU7nh7Kx_-RvW82buWfli5kvq3-SjLVuZQkOCT-_VuoFSd-Vp8MuEEBVl1gDBpTLgRWmEv4YUrC4Tjs5uqVRLFbRYOcURu9N9BPGrl360DwEykTVW4dK83B85T87q8ktZWgyEr_4yuhMK-qEeYl9ZM08zfVT4cwr6bS1gpOlu1AjKVlJ15s5Gfog1iVlD6CODIQ60CRsa7_1kR_h8QKVVMhDP4IKx6S-0Alh5bDOF7Puv49X8TVpcSZe5ezapP2fMaxD-I5ywnPu-NuleUhVoyRIJk-qG2Cmk9YZ59FeEWoa_3n0BhANYg6uRFrftnn1LrynqRs9TjA2M3G87XIxjcYFQlCdkBOORXqO0CIht9Lk0UquL0SWcxVAUanJMnTuetoYZQ_J7GsRtyxaMRz=w1080-h810-no

こんなに奥で↑

 

サイトは、さらにその奥ですので。

キャンプと言えば、遅くまで会話している他の宿泊者の声がうるさくて寝られなかったり、夜中にトイレに向かう人の足音で目を覚ましたり、誰かが朝起き出して起こされたりというのは不可避ですが、このときはそれら一切にさいなまれず、とても良い一晩を過ごせました。

キャンプや山小屋では、いろいろな音がするのは当たり前ですが、できることなら御免被りたいので。

穴場サイトを堪能するための必需品

私と同じく、野山で静かに過ごしたい人が、このサイトで快適に過ごすための必需品をご紹介します。

蚊取り線香

サイトは、とにかく蚊が多かったです。このサイト以外の滞在経験がないので、サイト由来の問題か、キャンプ場全体で同様なのか分かりませんが、ベープ未来をずっと身につけていました。

どこでもベープ №1未来 虫除け セット メタリックグレー 本体+替え

どこでもベープ №1未来 虫除け セット メタリックグレー 本体+替え

 

しかし、電池が途中で切れてしまい、足を大量に刺されて散々な目に。予備電池とカートリッジも含めて常備しておくと安全です。

どこでもベープ №1未来 虫除け 替え 2個入

どこでもベープ №1未来 虫除け 替え 2個入

 

 

携帯トイレ

サニタリー等に立ち寄ったのは、到着時・夜のシャワー時・起床後・出発時の4回のみです。徒歩でサイトからトイレに向かったのは、夜のシャワー時と起床時の2回だけ。確かにトイレは遠いですが、2回だけなら大した負担にはなりません。

これを可能にするには、やはり携帯トイレは欠かせないかと。

ケンユー 高速道路 地震震災時等でのトイレ確保に 携帯ミニトイレ プルプル3個入

ケンユー 高速道路 地震震災時等でのトイレ確保に 携帯ミニトイレ プルプル3個入

 

 

なお、ヒマラヤの登山隊なども利用している、ピスボトルも便利です。登山をしない一般の人には抵抗があるかもしれませんが。

専用品があるわけではなく、普通の水筒などを流用します。容量も多く未使用時は小さくたためるナルゲンボトルなどが人気のようです。

nalgene(ナルゲン) フォールディングカンティーン 1.5L 90148

nalgene(ナルゲン) フォールディングカンティーン 1.5L 90148

 

口が十分大きければ問題ないので、百均の水筒なども使えます。

やっぱり登山をしない人には抵抗があるかな・・非常に便利なのですが。

最後に

都心からは立地が遠いので、頻繁には通えませんが、ゆっくり過ごせるキャンプ宿泊拠点を見つけられてよかったです。このお気に入りのB17サイトがなくならないことを切に祈ります!

【苗場山】山上湿原の開放感を味わう

先日、日本百名山9座目の苗場山に行ってきました。無印良品津南キャンプ場に宿泊したので、そこから行ける日本百名山という視点から選んだ次第です。

苗場と言えば、スキーリゾートとしての知名度がとても高いので、知っている人も多いでしょう。湯沢にも宿泊しましたが、現地の看板や街の雰囲気からは、夏よりも冬の方がハイシーズンであることが感じられました。

苗場山の特徴

  • 8合目以降、山上湿原の開放感を堪能できる
  • 8合目以降は風が強くなることもあるので、上着必須
  • 標高差約850km.標準タイム往復6時間半コース。初心者には少しきつめか
  • 晴れでもぬかるみが多く、足元が滑りやすい以外は、危険箇所の少ない山
  • 鎖が設置してある箇所が複数あるが、鎖場としての難易度はそこまで高くない
  • 9月上旬は日差しが強く、夏のように暑かった

苗場山の登山コース

いくつかありますが、今回選択した小赤沢側からの方が、難易度は低いと言われています。

苗場山山頂までの道のり

 

例によって、登山口に到着するまでくねくね道ですが、駐車場から登山スタートです。駐車場にはお手洗いがあります。

価格のない砂利の駐車場でしたが、9月上旬の日曜日、そこそこ賑わっていました。

 

登山口には「ここから先は登山の装備が必要です」という注意喚起が。

 

登山口直後で、すでに3合目です。

 

道中の標識で、現在の位置・次の標識までの距離とおおよその所要時間が分かります。

道中はぬかるみが多く、滑る箇所も

登山道は、晴れていてもぬかるみが多数あります。地面が乾きにくいのでしょう。

ぬかるみ回避のために設置された足場があるのですが、この摩耗した木の足場が滑る箇所もあるので、要注意です。

苗場山の鎖場の様子

5合目を過ぎ、6合目の少し手前で、最初の鎖場が登場します。

ただ、苗場山の鎖場は、そこまで難易度が高くありません。個人的には、日光男体山であれば、鎖なしで上り下りしていたようなレベルの岩場と感じました。岩場に、手すりとして鎖が設置されている印象です。

ほとんどの人が鎖を使わなければ上り下りできないであろう場所ではありません。単純な鎖場だけの難易度では、岩殿山の方が上でした。 

quiet-nature.hatenablog.com

 

もちろん、安全のためには、出来る限り鎖を利用した方が良いですが、登山に慣れていて、鎖を使わずに上り下りしている人もちらほらいました。

 

鎖場の位置は、ヤマレコの山行記録に場所まで登録しておきました。PCで見れば地図上に緑の四角として表示されるので、参考にしてください。

 

https://lh3.googleusercontent.com/4x0ordT_VOE7S6uSeegnwA7hYPKAtTLhKDvf1WFuTRZwuonXXj6qKkcKIZo2-ox6bguLJ5ULd1oaR669c_2BbT0cJNsPliAeHwTOhxYNe1DvBrToG3nbdSaY5oiCvNYTnF4uzMXbhWMfoD4joE8lIcirFLhsEfYJTPU0MQ3czyuYTIJgm-MckPz5hSYobCc714godZl0ueeWGZdw-gkBpMWkVdkcH21elNDhjizpVS40h0u33eMMsSpTcSK07sxFMxdSC-QqBc_ORDi7dK3IREnMaPQCMTXUCgv6xQyR74qIMRSron0RGOFiJSwpNNiwaqKAUNBxXKvX50KvvXMpOzc3ggui0bkCTk5SrY34Y6H_sAcRmF8BLx6wF5ilNKNSzDVFqiXUZnr5ViiNpuSc7eiD-qONkqRJRgw4uzE3LtPhKz4F-ynWiVgGxWfRzRESjMMjnjtIN8quS-SskQDEJMKevdYrF1qLbXbBh7pF5DDo8xRUo-5aoLL6P9m9NlpCRM1IbeihP8hGdnOG9qQ1hCJ6R4bvyDIV78Q3t0stiH8dnzua3aRfnnXoecK5NBaDrs_2z5iNj7cr1dDpq95X2cmjIDLuthe4bHzx3tbqxZKmmxsdGcxW6S4LQKMNWXLx9cXUyqgHDn8nm4QhuCV86InJx72ZQ9Y1m015Eojgfd_vHwnEhxEoAk6X9-JvYHRThKIf4VUukbx4OlgNgSVkftFrtuFAkQhM3CrELMLlMfBIOZ68=w1080-h810-no

8合目以降の山上湿原の開放感

8合目以降は、見晴らしの良い山上湿原に出ます。急に風が強くなりますので、上着を羽織ります。

 

眺めが良く、ここまで上った甲斐があります。池のことは、池塘(ちとう: 山上湿原の泥炭層にできる池沼)というそうですね。

 

https://lh3.googleusercontent.com/P0VYf4agMALwcpy2Go91Jvncb3QIrSsNlKAGNaUdvM2gNsmQJ_HppcP-pL8uXwjmR8uVijknQa8E7u3Twd5OCpOKUGEO_HWRF6fZDnF_JGlLTJbCt6aRsh3JLob4vgTZ12AjUZ-uHEjI-lz8Z5LypT-FK9c7dlBmWc2cnDbFiT82XjL02xsgxP4Ig9G0SR7W3jQ9RGusYWXNzjEEj2xNqQAzXxy0GSjzHTReZgc-TJsEoUNhTQWsMu3VMFc2m2lz_xHdhUhOutE77qLJGPU9uN0p6N2lAvKkZBhsldS5TDlHarwOj1Gl1cErdmwLoCn-TCgYTkAKX3ELHve859n0QiJMyNDzQqsdPOTx2E-39uDuYvyVccQft7XxdIh_sAYTPIlR9qW17p1J1BgJvcBj5rDEOluIUqLtPWlPS7B9uan4k1HWCx8Dc99fQ5vAsv6AsAPBH74tT-e9LUcEIKD6AYMnEGUOPxjBSxcijp8M5eazsaaXjF0YSwrJGbLAZQvaQvQ-Qy9vMUQgGDg6mn0BRrk3WbymU073sW3adJzJqNDtj-OnJrNhjmWuMd9Ign0JESODEDUls8OVOBAqESXfUjHCkvvl5fVlTsNOAi5TKafxtQm-C4frNLknVFXDVEwWkPsWWSU9k244nKY0MWl7R--AYTykzw9Hfb3yrTOsYN4yZ0wj2V5Qrfw_fFgy2qBMeRXo3PXkvp0ibN5ghtXLH5fE702wz7L4Y5LSPo4rzbZW55NS=w1080-h810-no

山上湿原に出て以降は、斜度は緩くなったはずなのに、ここまででだいぶ足を削られているので、木道を歩く足がやや重いです。

 

https://lh3.googleusercontent.com/Ua9zJWU5C3ISWD2Sb7UyqXjMd_MXKX6ASY_GpKMz1q3ijNOz5xAZ34tWMNwwnBQdtlYHWKYAWXhpl2LBpgojoVT9jO-Rd6KwL6VncnwZHGa133P6DV-_e8RwoFAWcU6cgyWQ0d3imD9VHgdb4qUrGRHwuwa4A6E2LnhQBLicxeAQJNgr8MomMLNgUCym2Y2vaYD0DWuN_fen07YY-jlwVTDgLKsNIdSWRdIuSaEe03SbmQ1XUiOMH79BQivvCAzS4uR3kAntHiEg-0ZCGEq9ZFfubeRCQHmNBvibBCvVCFG3P12Ve8C1FK0G5dnkQjoOU2xS7veBdTC8J-D0i3X6aN9E7Le1vQoJ3P2LSb-zx2hv6Akru4H1vr1oTqBCv0NvfnQjbSeEIVz9obyoL7tg7T2lH-pZlCA9vAM-lv8h0F_f7Pum_hxOnvEZPNc6HEIHYpylzDbOruOmonH0eGeX-fUUlJ6q9tzfX3rHdGo1wBb0cH9zrijKS3wm7ZtqRsT_NVs0MpMoWj8yV29ahp5N_0vtCUU7ZMVbRJYIdI8MqnB_06fK8RvEfvAkO9w-gWdggsBiIf4OAhwXjr9s7y3aM4RZRS-SvYATtlEp8UoRQShwDElx13k5xI1uq4WJ0dEXyGye8c6Ybs7QaZ_nl8_iBAiTdEBZQsrlXdgsbhPrssPgyFivwlOXHPVZumchEd-QKB0jw6-YGtuhNmbIF1Eb1X9_xP6WtPJvclb11HWhR-1YtSTK=w1080-h810-no

山頂手前には、山小屋ヒュッテ(自然体験交流センター)があります。100円で、きれいなバイオトイレを借りられます。飲み物の販売などもありました。

見晴らしの良い休憩スペース

山頂標識のある場所には、眺望はありません。

 

代わりに、山小屋からすぐのところに、広くて見晴らしの良い休憩スペースです。

最後に

同じく高原リゾートともいえる霧ヶ峰も行きましたが、霧ヶ峰はバスツアーの観光客もたくさんで、賑わっていました。

一方、苗場山は、標準時間で往復6時間半のコースなので、山頂付近の山上湿原に到達できるのは登山客のみです。

初心者にはややきついくらいの工程と思いますが、晴天ならそれに見合う醍醐味は味わえます。

2019年8月の運用報告+収益

8月以降、唐突に更新頻度が下がっていますが、登山は引き続き同じペースで続けています。

唐突にオンラインでの英会話学習にハマってしまって、ブログの執筆に充てていた時間は、海外の様々なチューターとひたすら英語でしゃべっています。

今回は、恒例の運用報告と収益情報だけ、手短にまとめます。

運用結果+収益

  • GA月間ページビュー: 約14,000
  • 収益: 約6,800円

Amazonアソシエイトが、AdSenseの3倍以上あります。

アクセスアップ

上記の理由から、8月以降は特にアクセスアップのための施策を行っていないのが現状です。

しかしそれでも、収益稼ぎ頭の記事の勢いが衰えず、ほとんど何もしなくても、7月とほとんど同じPV数です。

収益アップ

収益は、月額約7,000円程度稼げています。先月の9,300円からは減りましたが、特需の先月からもっと下がると思っていたら、意外にキープできています。

quiet-nature.hatenablog.com

 効果が出るのも下がるのも、数ヶ月経ってからじわじわと響いてくるのでしょうね。

いま楽をできているのは、数ヶ月前にひたすら記事を書いたからで、今記事を書いていない分のツケは、数ヶ月後にやってくるのでしょう。

最後に

今後何年もブログを続けていくにあたり、執筆や運用に掛けられる時間には、どうしても波が発生します。そのときに、費用がトリガーとなってブログを閉鎖しなくて済むよう、無料版で一切費用を掛けずに続けているのは、とても気楽で、自分には合っています。 

quiet-nature.hatenablog.com

 

オンラインでの英会話学習については相当詳しくなったので、別の機会に記事にまとめたいと思います。別のブログを立ち上げるのも一案ですが、登山とも無関係ではないので(日本語を話せない現地ガイドを雇わないと行けない山がある)、このブログの中で触れようかと考えています。

【乗鞍岳】3,000m級デビューにも最適な日本百名山

関東では、とても登山などできないような猛暑が続いていましたが、ようやく涼しくなってきましたね。私は、まだ暑さの厳しい先週、乗鞍岳で避暑してきました。

宿泊した休暇村乗鞍高原は、クーラー設備が付いていないくらい、涼しい場所でした。部屋には扇風機のみで、それも使用する必要ありませんでした。窓から入ってくる風が冷たいくらい。

まだ残暑は厳しいですが、ひと足お先に秋の気配を感じられるので、おすすめです。

今週のお題「残暑を乗り切る」

乗鞍岳とは

3,000メートル級の山の中でも、高山デビューにはぴったりの山です。登山開始地点と山頂の標高差が300m程度と小さく、コースの全長も短いためです。

公式サイトにも、片道1時間半と明言されています。

乗鞍岳について - 乗鞍岳、乗鞍スカイライン公式サイト

高山対策

新たなレベルの登山に挑戦するとき、技術・体力・標高のレベルを一気に上げず、ひとつひとつ挑戦するのが、リスクを下げるポイントです。

そのため、今回は「標高」のレベル上げに絞りました。

標高の高い山に登るときに注意すべきなのが、高山病です。2,000mを超えると、高山病の危険があります。生まれつき体制が決まっていて、トレーニングで向上するものでは無いようです。

高山病で死なないために -日本旅行医学会トピックス-

山岳ガイドさんが書いていた呼吸法があります。

気圧が低い場所では、鼻から吸って口をすぼめて強く吐く「口すぼめ呼吸」が有効です。歩行中に呼吸が乱れて「ハァハァ」と吐くのは効率の悪い呼吸になっているサインです。

高山病を防ぐ20の心得――。重症化を防ぐことが一番の高山病対策です! YAMAYA - ヤマケイオンライン / 山と渓谷社

ちなみに、私は遅効性アレルギー検査で卵が引っかかっています。平時なら大きな問題は無いのですが、気圧が変化したりすると2日後ぐらいに頭痛が来るので、今回は1週間前から卵は控えるという準備もしました。

急性アレルギーがなくても、誰でも遅効性アレルギーを持っている可能性があるので、高山など過酷な環境に身を置く可能性がある人は、検査を受けておいて損はないと思います。

IgG 96 スタンダード・フード・パネル[日本]

IgG 96 スタンダード・フード・パネル[日本]

 

乗鞍岳のマイカー規制

乗鞍岳は、マイカー規制があります。観光バスやタクシーを使う必要があります。ちなみに、自転車は通行OKでした。

時刻表 | 乗鞍岳バスターミナル

宿泊は休暇村が便利

https://lh3.googleusercontent.com/JhhcQNr4z4s7Rqj31kCOHL1ALJ3RE9_WJFIlLuVlZYc-MPfgexl2ttUz3eVKMoMsBlFtY-9-26cDsHbByeIqs6ferZ76ViR7z3FGXkpAx5gJiayyzrf-otRSmwpAUYJHXP4NUdOIpfqwB7ZFVSxfUaUAJiv9QgdjPwW6tzMoDI4Xa56MhGHjKx69V6zYD2dr7HzJkpc0bK7f_AVtLVx7uC6wNMIY7WsVCRgdy4zHA1JrIKQmfoURbAsZdU-VCbI4MaA7_jt9O4866TRecwc_tOOzN7sUAZfKMzsTSTn0CJAlmLzK4q0hwhb1XF6m5TftFUdC2glnw3CNxj3GVdtJwMuG4DbLNzy4QsINBpVL-jBueLb4Sih3puskMRKfaeaocZKVl6ps2ZgxrJk1qA8xeDFme5XcFpADM-rdTm6mTwxWGPqFWE21T9LQKUgmpdUaClR_a51fmfoq9diHPLqKUIsUX-z0Wq_B_YxVqvOQcNF_RFxa2Fi_nR_W_-u4a7862xdRfpaAGCPkuLNvV5EcxxLVZHSFY7rxEO-okajz6ko--3MT6sOZ7eg-bSFxAgpdSmRq8KVVTviDkfPu3EJaGcDmM56xs9gZo4SJxSw_xcXnf2KyzMtXWqa30GLzwfcc7kUR5zV9xkG5UhgGa7szElj6dkxxwx4onaW_kIigjuGeCqnuiXYMkD15UeBjPsgDt3FtGym9pWKUOOs9k9-SjfubOjDRReSR_Fa8F5UnquSrg_6q=w1080-h810-no

麓にはいくつかの宿泊地がありますが、中でも休暇村は便利です。

目の前に乗鞍岳行きバスのバス停があり、マイカーは休暇村に駐車しておけます。

朝9時など人が多く乗る時間は、アルピコバスの案内係りの人もいます。必ず座りたいなら、始発の乗鞍観光センターからの乗車を推奨ということでしたが、実運用では、休暇村前の案内係りの人が無線で連絡を取り合って、バスの同便の手配をしていました。乗車希望の人が出来る限り座れるような工夫がなされています。

それと、休暇村ではお弁当(有料)を依頼できます。

www.qkamura.or.jp

散歩コースもあり、滝を見に行くコースや、乗鞍岳を眺められる池の東屋など、自然の中でゆっくり過ごせます。

 

乗鞍岳山頂までのコース

ガイド | 乗鞍岳バスターミナル

乗鞍岳自体は、登山の装備ではない、一般の観光客の方も楽しめます。しかし、登山客が目指すのは、やはり剣ヶ峰山頂です。剣ヶ峰山頂までは、事前準備・登山の装備・心構えがないと、キツイ道のりです。

乗鞍岳山頂までの道のり

まずは、バスで酔わないように注意です。山道特有の蛇行した道でしたが、路線バスではなくしっかりした観光バスで、座席も多少リクライニングできました。

運転手さんのコース取りがとてもうまく、きちんと酔い止めを飲んでいれば、酔う可能性は最小限に抑えられる環境です。

 

バスセンターには、お土産屋さんやトイレなどがあります。

16度の曇天でしたが、普通にTシャツで登山でき、そこまでの寒さは感じませんでした。風が吹くと、また違うかもしれません。念のため、ダウンベストとレインウェアはリュックに入れて行きました。

 

ハイシーズンは過ぎてしまいましたが、コマクサがたくさん咲いていました。

 

1年中で最も暑い時期なのに、残雪が少々。画像右、池のほとりです。

 

https://lh3.googleusercontent.com/83HjilH3R5Ip_CfuibuZ6vK8K-tuBRH-PhwbBVRzMjpVWmNabXWor-ALLp12jy3fvPmwxJV3bseLWMINIWKuDM_l3VUdMwnndsMszWvB1lGhOSYY29H_Hhg862MQq3aj7G4D9GeuY5JvwU3rxc-NBLiw3X_e6cvgyulPUVrRPWu6nUT2rkvBPB34hV9EZevNr-og0s_dXxXYSvJQbqOmOXiw5-NCDtjqNswZKG4XboPXHM1Z4sq3PxL7I0QIyiKwTNetMOl8KdARgskWrWZsRIUY_1oN_DXG9opB6iJN4BsgXFNLIEhO3eTLcyc-DYuFLPwbYPDHOB6ytST-nk3_WOuDqnhQ1ZCidYuxvfANbjOLHtoGkkGE4VSZwErPU6buEiiKqLglw1-hGhW9qQCe9UPYjtn8lfET6iu9-wysOHlgOy9ll7W3ctCEN60o6Qqv42kNj9_VL8-HJB8XDff5VEO8NV50492OHMuumRlUb8pnog4_G4B69n24-5gpjjaRy8rk5RVbIMWbTV1rcuEidfEQGCp0Z5-rsuinEQco4qbqD5qllLr0ykOHI4DFKAdiKgzLh-YPT9c7JNHro0NB1RoOXuH1Y6PA7T2ojifxey1D4lt1JkS2uv7M6kJPRWhMw7VVlghSqTQZzNVaBTwbtai5DwW4D6sRb4LuT9cqqTglPN_t9V45OB004EtkArYC5C4hBCqXcJHyV75bJfLwCVcraGjC-F6p4PlhZDjY3N1UU011=w1080-h810-no

残念ながら、ライチョウは見られませんでした。曇天や、雨の降り始めがチャンスと聞いていたので、期待していたのですが。ハイマツの茂みに隠れていないか、ずっと目を凝らしていました。

 

登り始めは、少し息が苦しく体が重い気がしましたが、上でもご紹介した山岳ガイドさんおすすめの呼吸法で、口をすぼめてしっかり吐くように心がけました。

高山病を防ぐ20の心得――。重症化を防ぐことが一番の高山病対策です! YAMAYA - ヤマケイオンライン / 山と渓谷社

気がついたら、いつも通りのペースで登れていて、特に頭痛や吐き気に悩まされることなく済みました。

 

標高差は少ないとは言えど、それなりに上りごたえはあります。高山でもあるので、無理して行に登らず、ゆっくり呼吸を整えながら進むのが良いです。

 

あいにくの天気で、眺望は望めませんでしたが、高山特有の開放感を堪能できました。

 

乗鞍岳で昼食を取ろうと考えていましたが、山頂はスペースがほとんどなかったのと、バスの時間が限られるため、取り急ぎ休暇村バス停まで戻ってきました。

写真は、休暇村散歩コース内の牛留池の東屋にて。たった今、自分たちが登ってきた乗鞍岳を眺めてしみじみしながら、昼食を取りました。

最後に

日本百名山も7座目。ついに3,000メートル級を登頂し、全国でも最も難易度の高い山が多い長野県に進出しました。同じ長野県でも、軽井沢より、この辺の硬派な山岳エリアの方が居心地が良いです。穂高槍ヶ岳を眺めつつ、引き続き精進します。

食品ロス通販サイトで、登山の行動食を安く購入

私のメインの行動食は、以前、別の記事にまとめました。

quiet-nature.hatenablog.com

その他、いつもより少しハードな山に登る場合は、行動食を多めに持っていきます。いつも同じ行動食だと少し飽きてしまうので、休憩時のお楽しみとして、おやつ感覚でいつもとは違う行動食を買ってみることもあります。

今日は、新しく見つけた食品フードロス通販サイトOtameshiで行動食を買ってみました。

Otameshiとは

賞味期限が間近に迫っていたり、旧パッケージなどの食品は、年間600万トン以上も廃棄されているそうです。

Otameshiは、品質には問題がないのに廃棄される商品を、通常より安価に販売しているサイトです。

Otameshi(オタメシ) | おトクに試して社会貢献

Amazonやスーパーで売っている商品は、いつも十分な賞味期限が残っているので不思議でしたが、廃棄されてしまうものもあったのですね。

Otameshiは、どのくらい安いのか?

Amazonや近所のスーパーより、10〜20%程度安いかな、という印象です。

賞味期限の条件や商品にもよりますが、率直に言って「激安」「格安」と言うほど、価格に優位性があるわけではありません。もちろん、大量に購入すれば、1点あたりの価格はもっと安くなりますし、うまく探せば掘り出し物もあります。

しかし、ここで売れなければ廃棄されてしまうであろう商品です。価格以上に価値が大きいのは、年間600万トン以上の廃棄食品を救済できるという点だと感じました。Amazonやスーパーと同じくらいの価格なら、せっかくなら買ってみようかと。

購入価格の一部は、社会活動団体に寄付されています。支援内容のレポートもアップされています。

支援先団体/寄付レポート|Otameshi

寄付先は、商品購入の際に、自分で選ぶことも可能です。

Otameshiでの商品の探し方のコツ

Amazonのようなレコメンデーション機能もないので、商品数の多さに対して軸が少なく、たくさんの商品の中からめぼしい商品を見つけるのに少し手間取る印象でした。

しかし、うまく探せば、掘り出し物も結構あります。特に、カップラーメンなどの保存食系が豊富で、登山の行動食としてそのまま使えるものは多いです。

特集を活用

Otameshiでは、様々な商品が販売されていますが、トップページの軸は「おためしタイム」「送料無料の商品」「限定アソートセット」や、期間限定の特集がメインです。まずはここから閲覧すると、ピックアップ商品が見つかると思います。

キーワードを活用

特集以外は、カテゴリやキーワードで探す必要があります。以下のようなキーワードで探してみました。

  • カップヌードル
  • 日清
  • リゾット
  • ごはん
  • クラウンフーヅ
    • 食塩や砂糖不使用のドライフルーツ・ナッツのメーカーです

あと、私の場合は、食べ物がマクロビオティック寄りなので、以下でも調べてみました。グルテンフリー商品は、割と多めに見つかりました。

あと、Amazon定期お得便で定期購入しているようなものがあれば、キーワード検索してみるとヒットすることがあるかもしれません。

価格で並び替え

デフォルトはおすすめ順で並んでいるかと思いますが、価格で並び替えれば、安価な順から並びます。

送料無料になるまでもう少し買い足したいときや、安価な商品をたくさん組み合わせて買いたい時に便利です。

登山の行動食におすすめの商品

在庫は流動的なので、必ずしも将来同じあるいは類似の商品があるとは限りませんが、私が商品を購入したときに見つけたおすすめ商品をご紹介します。

カップラーメン

行動食ではおなじみ。1ダースなど、セットになっている商品が多いですが、賞味期限が近いので、購入がためらわれるかもしれません。グループで登山を楽しんでいるなど、シェアできる人がいると、うまく活用できると思います。

カテゴリ: 食品 > 麺類(価格順)

ドライフルーツ

ドライフルーツは、お菓子・スイーツカテゴリに分類されていました。価格順でソートすると、多めに見つかります。

カテゴリ: 食品 > お菓子・スイーツ(価格順)

スポーツようかん

スポーツ時の栄養補給や保存食の中でも特においしいと有名で、兼ねてから気になっていた、スポーツようかんを発見。これも、お菓子・スイーツカテゴリの中にありました。

井村屋 スポーツようかん あずき 40g×10個

井村屋 スポーツようかん あずき 40g×10個

 

Amazonのレビューも、高評価です。

甘酒

箱根旧街道を歩いた時に、甘酒茶屋で飲んだ甘酒がおいしくて、印象に残っていました。子供の頃はあまり好きではありませんでしたが(飲む機会もほとんどなし)、だんだんと栄養価の高さを理解しつつあります。

炊飯器を使って、米と糀を5〜10時間程度に渡り、50〜60度程度に保って作ります。

これは、米・雑穀・シリアルのカテゴリで見つけました。

カテゴリ: 食品 > 米・雑穀・シリアル

こちらも、Amazonで高評価。

商品到着まで

商品は注文から2 3日で発送されました。運送業者は、佐川急便でした。送り主が「株式会社SynaBiz Otameshi」となっていて、佐川急便から配達予定メールが届いたときは「株式会社SynaBiz」と、Otameshiが抜けていたので、注意が必要です。発送完了メールは、商品到着後に届きました。

Otameshiで販売されていた商品は、賞味期限が近い意外は、パッケージも品質も、至って普通の商品です。すぐに登山行動食として食べてしまう私にとっては、全く問題ありません。

最後に

やはり、廃棄されてしまうはずの商品を有効活用できたのは、気持ちが良いです。今後も、Amazonや近くのスーパーで購入する前に、Otameshiを覗いてみようと思います。

Otameshi(オタメシ) | おトクに試して社会貢献

次に登る山の選び方と、登山計画書作成

1回登山に行くと、山に登るだけで少なくとも5時間、往復の交通で4時間、温泉に入れば2〜3時間程度かかります。それこそ、1日がかりです。

次にどの山に登ろうか考える時間は楽しいですが、気がつくとあっという間に時間が過ぎています。ときどきパートナーから「山にかける時間が多すぎる」と言うクレームが・・

それでも登山を続けるのは、最低でも月2ペースで登山&温泉を続けていると、ひたすら体調が良いからです。

月に2〜3回の登山を継続する時、なんとなくペースがつかめてきました。備忘録も兼ねて、登山計画の立て方をまとめました。

どの山に行くか、目星を付ける

私は現在、関東百名山日本百名山に挑戦しています。ナントカ百名山と名前がついていなくても、素晴らしい山はたくさんあります。一方で、リスト化されていて人気の山の方が情報が多いため、登山を始めたばかりの初心者には、事前調査の際に助かります。

関東百名山 - 山情報 - ヤマレコ

日本百名山 - 山情報 - ヤマレコ

また、多くの人が訪れる山は、登山道が良く整備されている傾向があり、事故に遭いづらいのもメリットです。

あとは、駅から登れる山。何回か登山を続けるうち、登山口に到着するまでが意外としんどいことに気づきました。探してみると「駅から行ける山」というのは需要があるようで、関連するテーマの本がいくつか出版されています。

駅から山登り 関東55コース (ヤマケイアルペンガイド NEXT)

駅から山登り 関東55コース (ヤマケイアルペンガイド NEXT)

 
ヤマケイアルペンガイドNEXT 駅からハイキング 関西

ヤマケイアルペンガイドNEXT 駅からハイキング 関西

 

 あと参考にさせていただいているのは、皆さんのブログです。里山とか、自力では探せませんが、見ていると癒やされます。

気力と体力が持つうちは、引き続き関東百名山日本百名山にチャレンジしていきたいですが、自分の難易度に合った山をあらかた登り尽くしてしまった後は、視点を変えて里山やリストにない山も登ってみたいと考えています。

行きたい温泉から山を選ぶこともしばしばです。特に、オープンして1〜3年の、新しい店舗を開拓するのが好きです。

2019年にオープンしたスーパー銭湯のまとめ【スーパー銭湯全国検索】

2018年にオープンしたスーパー銭湯のまとめ【スーパー銭湯全国検索】

経路・所要時間・費用を調べる

行きたい山の目星がついたら、次は到着までの時間や費用を調べます。私の感覚では、日帰りで往復可能な範囲としては、片道3時間がギリギリ。それを超えると、温泉でゆっくりできなくなるので、宿泊旅行を組みます。

経路・所要時間・費用を調べるのに重宝しているのは、Yahoo!乗換案内アプリです。

Yahoo!乗換案内アプリが便利

transit.yahoo.co.jp

出発地・到着地は、駅やバス停のみでなく、スポットも設定できる

以前は、出発地・到着地に駅以外が設定できるのはGoogle マップのみだと思っていましたが、Yahoo!乗換案内でもそれができると知りました。しかも、最善の経路を選ぶ上での精度が高い印象です。

ルートメモ・時刻表を保存できる

以前はジョルダン乗り換え案内アプリを利用していましたが、目的地・到着地を変えていちいち検索し直さなければならないのが不満でした。

Yahoo!乗換案内アプリには、ルートメモとして、検索した経路・時間を保存できます。登山の計画を立てるときは、複数の山・複数の経路をあれこれたくさん検索するため、このルートメモ機能はとても重宝しています。

また、登山では登山口までのバスの本数は1時間に1〜2本ということも多く、時刻表を確認する機会も多いです。そんなとき、任意の区間の時刻表も保存しておけるので、いちいち探す手間が省けて便利です。

テキストでの共有が見やすい

経路が確定したら、Googleカレンダーに予定を貼り付けています。Yahoo!乗換案内では、検索した経路をテキストでコピー&ペーストできます。

そのテキストの概要と経路が、とても見やすいのです。

個別のルート上部に表示されているアイコンの「予定を共有」をクリックすると、クリップボードに経路がコピーされます。

それをペーストした内容が、以下です(下の方のリンクは一部割愛しています)

新宿 ⇒ スパ&ホテル・八王子温泉・やすらぎの湯
2019年8月9日(金)
18:38 ⇒ 19:26
------------------------------
所要時間 48分
運賃[IC優先] 474円
乗換 1回
距離 37.4 km
------------------------------

■新宿
↓ 18:38〜19:07
↓ JR中央・青梅線通勤快速 青梅行
↓ 11番線発 → 5番線着
■立川
↓ 19:08〜19:19
↓ JR中央線 高尾行
↓ 6番線発 → 4番線着
■八王子
↓ 19:19〜19:22
↓ 駅内徒歩
↓ 駅出口:北口
↓ 19:22〜19:26
↓ 徒歩
■スパ&ホテル・八王子温泉・やすらぎの湯
---
(運賃内訳)
新宿〜八王子 474円

などなどの理由から、Yahoo!乗換案内をヘビーユースしています。これがなかったら、計画を立てるのにもっと時間がかかっていると思います。

車のルート検索はGoogleマップ

電車のルートはYahoo!乗換案内で、車のルート検索はGoogleマップを使っています。渋滞情報をリアルタイムに反映して、最適な計算ルートを提示してくれます。これまで何度か、事故渋滞にハマったことがありますが、いずれも最適な迂回路を提案してくれて、とても助かりました。

登山コースを調べる

行きたい山が、自分のレベルに合っているのかどうかを調べます。私の基準では、標高差800m、全行程5時間程度なら、週末日帰りでも1日で回復でき、週明けに支障がありません。

自分の条件に合致しているかどうか、登山コースや山行記録を調べます。

公式情報

まずは、地方自治体がまとめている公式コースマップを確認します。正確性も高く、最初に確認すべき情報です。

ヤマレコの山行記録

まず、ヤマレコの各山のページから、最新の山行記録を調べます。直近で通行止めや危険箇所等がないか調べるためです。Googleで「[山の名前] ヤマレコ」と調べます。

たとえば陣馬山なら、以下のページが見つかります。

陣馬山 | 山の最新情報、登山情報 - ヤマレコ

ページをスクロールして、「[山の名前]に関連する記録(最新10件)」という欄を見つけます。ここが、個人が登録している山行記録です。

この時、関東百名山日本百名山など、有名な山だと、情報が多くて助かります。

あとは「ヤマレコ x 山の名前」でGoogle検索して、上位表示された山行記録を見ます。該当の山でたくさん山行記録が登録されているうち、特に人気が高い山行記録が上位表示される傾向にあるからです。そのような山行記録は、写真や文字が多く、登録情報が多いです。

山と渓谷

標高差・標準時間・登山コース地図を見る上では、ヤマレコ以上にヤマケイオンラインも参考になります。Googleで「[山の名前] ヤマケイ」と調べます。

たとえば陣馬山なら、以下のページが見つかります。

陣馬山 - じんばさん:陣場山(じんばさん):標高855m-関東:奥多摩 - Yamakei Online / 山と溪谷社

ヤマレコにもコース登録はありますが、ヤマケイオンラインの方が、代表的なコースが登録されている傾向があると感じます。

登山計画書を作成する

行く山の目星をつけ、登山コースの難易度や、経路・費用等から、次の登山で行く山が確定したら、いよいよ登山計画書(山行計画)を作ります。

1番手っ取り早いのは、ヤマレコで他の人の山行記録をまるまるコピーして使用する方法です。

もし、めぼしい山行記録がなければ、自作もできます。線を選択したり、点と点を繋ぐだけなので、簡単です。大体の所要時間もわかって便利です。

山行計画のルート編集が簡単になりました!(4/11 山行記録も対応) - officialさんの日記 - ヤマレコ

ヤマレコで作成した山行計画は、コンパスに提出できます。コンパスのシステムに計画書を提出すると、多くの都道府県警に登山届を提出したことと同じ扱いになるそうです。

コンパスへの計画書提出機能を強化しました! - officialさんの日記 - ヤマレコ

最後に

山の計画を立てるのは楽しいですが、一苦労でもあります^^;

分けて行うより、一回で一気に行ってしまった方が効率が良いので、3〜4件分の登山計画を1日がかりで作成することが多いです。